代表者メッセージ

超高齢社会のなか、人間力ある人材を求めたい。

これからの医療は、治す医療から治し支える医療へ変化してきており、病院中心の医療から地域全体でみていく地域完結型の医療へ変わってくると予想されます。超高齢社会と言われる現代において、高齢者の自立支援は急務とされており、その中で訪問看護、訪問介護、訪問リハビリが果たす役割は今後ますます拡大します。

私たちが大切にしていること

24時間365日ご利用者を全力で支えるために、常に最新の知識や技術の習得に努め、サービスの品質向上を追求しています。

現場では、1人で判断するのではなく様々な職種が同一事務所に在籍している強みを活かし、多角的な視点で判断することを大切にしています。
例えば、リハビリの現場でご利用者の血圧が高かった、微熱がある、薬の飲み忘れがある、このような場合はその場で看護師に電話をし対応を相談しています。

私たちが求める人物像

訪問看護・訪問介護・訪問リハビリには、迅速な対応、安全で安心な質の高いケアの提供が必要です。そのため、専門的な知識・アセスメントや実践力だけでなく、ご利用者のニーズをとらえ意思決定を支える力、視野を広く持ち多職種と協働する力のある方を求めています。

応募フォームへ